ロベリアにあった土は?・マリーゴールドの水やりや肥料の与え方は?

ロベリアにあった土やロベリアの水やりと肥料の与え方を紹介します♪

 

 

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

ロベリアにあった土は?

水はけがよい土なら育ちます。

ガーデニング初心者の方は、市販の草花用培養土を購入すれば土作りをしなくてすみます。

自分で土を作る場合は、鉢植えやプランターは赤玉土小粒7、腐葉土3の割合で混ぜ合わて緩効性化成肥料を混ぜ合わせておきます。

地植えの場合は腐葉土や堆肥と緩効性化成肥料を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

ロベリアの水の与え方

ロベリアは乾燥に弱いのですが、高温過湿にも弱いので少し水やりが難し気もします。

プランターや鉢植えの場合は土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。底から水が流れ出るだけたっぷりと与えます。

 

土が湿っているのに水をあげると根腐れを起こしてしまします。

乾燥させすぎてもしおれて水を与えても戻らなくなってしまうこともあるので注意です。

水やりをする時には花に水を掛けると花が傷んでしまうので株元に与えます。

地植えの場合は、雨が降らず乾燥が続いたら与えます。

 

 

 

ロベリアの肥料の与え方

ロベリアは花期が長いので肥料が切れないようにしましょう。

元肥に緩効性化成肥料を与えて追肥は薄めの液体肥料を10日に1回ほど与えます。

宿根ロベリアを夏越しさせる場合は夏場は肥料は与えません。

 

 

 

 

 

ロベリアは乾燥に弱く過湿にも弱いので水やりには気をつけないといけません。
私も水やりで失敗したことがあります。土が乾かないうちに水を与えると根腐れしてしまうと思い乾燥させすぎて、しおれてしまい水を与えても戻りませんでした。

水やりさえ気を付けてあげれば特に手も掛からずそだてやすいので是非、育ててみてください。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す