ノースポール(クリサンセマム)の育て方・種まきの方法

ノースポールは、1年草で冬に花を咲かせてくれます。次々と花をさかせ長い期間花を楽しむことができます。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

ノースポールの育て方

日当たりの良い場所がよいです。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。地植えの場合は水やりの必要はありません。
肥料は花が咲いている時期は液体肥料を10日に1回ほど与えます。

 

3352538

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の花と野菜の土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜ合わせます。

 

 

植え付け

適した時期は10月~11月頃か3月~4月頃です。プランターは15㎝ほど間隔をあけます。地植えの場合は20㎝ほど間隔をあけ元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込みます。
1年草なので植え替えの必要はありません。

 

 

切り戻し

花が一通り咲き終わったらわき芽が出ているところを残して切り戻します。再び花を咲かせてくれます。

 

 

花柄摘み

咲き終わった花柄は、こまめに摘み取ります。次々と花を咲かせます。

 

 

増やし方・種まき

適した時期は9月~10月頃か4月~5月頃です。種が小さいのでピートバンなどに種をまくと良いです。
種をまいたら霧吹きで水を与えて土が乾かないように日陰で管理します。本葉4枚~5枚ほど出たら鉢や花壇に植え付けます。

 

 

 

害虫

アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。

 

 

ノースポールの花言葉

ノースポールの花言葉は「冬の足音」「高潔」「清潔」「誠実」です。

 

 

 

 

ノースポールは、こぼれダネでも育ち花を咲かせてくれます。寒さに強く丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す