オルレア(オルラヤ)の育て方と種まきの時期

オルレアは多年草ですが暑さに弱いので夏には枯れてしまうことが多いため一年草として扱われています。

 

春から夏にかけて白い小さな可愛らしい花を咲かせます。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

オルレア(オルラヤ)の育て方

日当たりの良い場所がよいです。夏場は風通しの良い涼しい場所に置いてあげると良いです。

 

涼しい地域で夏越しできれば翌年の花を咲かせます。

 

水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

 

肥料は植え付け時に緩効性肥料を与え後は追肥は必要ありません。

 
肥料を与えすぎると葉っぱばかりが茂り花付きが悪くなります。

 

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の草花用培養土がお勧めです。

 
自分で作る場合は赤玉土小粒7、腐葉土3を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

植え付け

植え付け時に緩効性肥料を用土に混ぜ合わせます。

 
地植えの場合は株間は30㎝ほど空けます。

 

 

花がら摘み

花が終わったらこまめに摘み取ります。

 

 

花が終わったら

花が終わったら花を切り落とさずにそのままにしておくと種ができて、

自然に種がこぼれて翌年も花を楽しめます。

 

 

種まき

適した時期は9月~10月頃です。

 
種まき用土に種をまき土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

 

病気や害虫

アブラムシやハダニが発生することがあります。

 

アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。

 

ハダニが発生したら殺虫剤を散布して駆除します。

 

 

オルレア(オルラヤ)の花言葉

オルレアの花言葉は「可憐な心」です。

 

 

 

オルレアは切り花にしても長持ちし楽しめますよ。

 

夏の暑さに弱いため夏になると夏越しできず枯れてしまう事が多いですが一度植えるとこぼれ種で毎年たのしむことができます。

 

育て方も簡単なのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す