君子蘭(クンシラン)の育て方・植え替えと株分けの方法

クンシランは鮮やかなオレンジの花を咲かせます。多年草なので毎年花を楽しむ事ができます。

スポンサーリンク



クンシランの育て方

クンシランは強い日射しに当たると葉が焼けてしまうので、風通しの良い明るい日陰が良いでしょう。
日の当たる方に株が伸びるので日の当たる向きを変えてあげないと不格好に育ってしまいます。
水やりは、春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりとあげます。冬は乾燥気味にします。
肥料は6月~9月に液体肥料を10日に1回ほど与えます。冬越しの温度は最低5℃くらいが必要です。
種をとらないのでしたら花茎を付け根から切り落としてあげます。
クンシランは低温処理をしないと蕾がつきません。5℃~10℃の寒さに2ヶ月程あてる必要があります。

 

 

10a1976560ddb0643a7d16bca16d2ee6_s

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。君子欄専用土がおすすめです。自分で作る場合は軽石砂4、赤玉土3、腐葉土3を混ぜ合わせます。

 

 

 

植え替え

クンシランの植え替えは2~3年に1回が目安です。適した時期は5月頃です。
一回り大きい鉢に根を崩さないように植え替えます。

 

 

株分け

クンシランには子株ができます。子株は根が3本ほどある株を選ん切り離して植え付けます。
小さい株はとらずに親株につけたままにしておいた方が良いです。

 

 

種まき

種まきの適した時期は3月~4月頃です。種は取り出したら水洗いして植えます。直射日光に当たらない場所に置き水を切らさない様に気を付けます。
1ヶ月~2ヶ月ほどで発芽します。種から育てた場合は開花まで4~5年かかります。

 

 

 

クンシランの花言葉

クンシランの花言葉は「高貴」「誠実」です。

 

 

7b88543ae84b12b5ed96a7f44bf816ef_s
クンシランは低温処理をしてあげないと花が咲かないので育てるのが難しく思えますが、意外と丈夫な植物なのでガーデニング初心者の方にもお勧めですよ。

 

スポンサーリンク



コメントを残す