マザーリーフ(セイロンベンケイ)の育て方と増やし方

マザーリーフは、幸せの葉っぱや子宝草とも呼ばれています♪カランコエの仲間で多肉植物です。雑貨屋さんや100均でも良く見かけますよね。

スポンサーリンク



マザーリーフの育て方

直射日光を避けた日当たりの良い場所がよいです。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。冬場は控えめで土の表面が乾いてから4~5日後に与えます。
肥料は生育期の4月~9月頃に2週間に1回ほど液体肥料を与えます。冬場は10℃以上の温度が必要です。

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の多肉植物の土がお勧めです。自分で作る場合は赤玉土5、腐葉土3、軽石2を混ぜ合わせます。

 

水栽培

浅いお皿に薄く水を張り葉っぱの表を上にし浸します。水が乾かないように注意しましょう。

 

 

植え替え

適した時期は5月~6月頃か9月~10月頃です。2~3年に1回を目安に植え替えてあげましょう。
鉢から株を取り出して古い土を半分ほど落として一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

切り戻し

fbb491401f2c2c406c95b93b0deca353_s

適した時期は5月~6月頃です。伸びた枝を草丈30cmほどで切り戻します。

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は4月~6月頃か9月~10月頃です。茎を10㎝ほどの長さで切り取り用土に植え付けます。

 

 

葉挿し

適した時期は4月~6月頃か9月~10月頃です。葉っぱを水に浸しておくと約1週間ほどで芽が出て来ます。芽が3㎝ほどに育ったら親から離して鉢に植え付けます。
葉っぱを土の上に置いておいても芽が出ます。

 

 

害虫

アブラムシやカイガラムシが発生することがあります。
アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。カイガラムシが発生したらカイガラムシは成虫には薬剤が効かないので歯ブラシなどで駆除します。

 

 

マザーリーフの花言葉

マザーリーフの花言葉は「無言の愛」「静穏」「平穏無事」「信じて従う」です。

 

 

 

マザーリーフはお皿に水を張り浮かべてインテリアグリーンとしても可愛いですよね♪手も掛からず簡単に増やすこともできるのでぜひ育ててみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す