ポインセチアの育て方・短日処理の方法

クリスマスが近くなるとお花屋さんに並ぶポインセチア。赤と緑の色鮮やかな葉がクリスマスを飾る花として人気ですよね♪
最近ではピンクや白、ゴールドの葉の色のポインセチアも見かけるようになりましたね。

スポンサーリンク



ポインセチアの育て方

日当たりの良い場所がよいです。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬場は控えめで土の表面が乾いてから3日~4日後くらいに与えます。
肥料は春~秋に2週間に1回ほど液体肥料を与えます。冬場は10℃以上の温度が必要です。

 

363864

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の観葉植物の土がお勧めです。自分で作る場合は赤玉土7、腐葉土3を混ぜ合わせます。

 

 

 

植え替え

適した時期は4月~5月頃です。古い土を半分ほど落とし一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

 

剪定

適した時期は4月~5月頃です。株元から2~3節を残して切り落とします。
切り口から白い樹液が出ます。皮膚に付くとかぶれてしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は5月~7月頃です。元気な枝を7㎝~10㎝ほどの長さで切り取り葉は2~3枚残し下の葉は落とします。
切り口から白い樹液が出てくるので洗い流して日陰で乾かしてから用土に挿します。

 

 

 

ポインセチアの葉を赤くするには?

ポインセチアは短日植物なので短日処理をしてあげないと葉が赤くなりません。夜間照明が当たらないようにダンボール箱などをかぶせて夕方5時から翌朝の8時頃まで光が当たらない様にします。箱をはずしたら日当たりの良い場所に置いてあげます。それを40日~50日続けます。
短日処理の開始時期は、8月下旬頃~9月中旬頃から始めるとよいです。

 

 

ポインセチアの花言葉

ポインセチアの花言葉は色によって違います。
赤色のポインセチアの花言葉は「祝福」「聖なる願い」「私の心は燃えている」「聖夜」白色のポインセチアの花言葉は「慕われる人」「あなたの祝福を祈る」ピンクのポインセチアの花言葉は「思いやり」「純潔」です。

 

 

 

 

 

ポインセチアは葉を赤くするための短日処理などの作業が大変ですが、次の年のクリスマスの時期にも赤と緑の色鮮やか素敵なポインセチアが見られるように是非チャレンジしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す