パンジー・ビオラの育て方と切り戻しの方法

パンジー・ビオラは花が終わって少ない季節に花を咲かせてくれます。秋から春にかけて長い期間花を楽しめます。

スポンサーリンク



パンジー・ビオラの育て方

日当たりの良い場所がよいです。水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
花壇などの場合は植え付けの際に水やりをしたら後はほとんど与えません。肥料は開花時期に1週間に1回ほど液体肥料を与えます。

 

 

 

パンジービオラの違いは?

バンジーとビオラの違いは、花や葉が大きいのがパンジーで小さいのがビオラでビオラの方が花数が多いです。育て方も同じで良いそうです。

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。パンジー・ビオラの専用培養土草花用培養土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土6、腐葉土4を混ぜ合わせます。

 


 

 

植え付け

苗の植え付けに適した時期は10月~11月頃です。パンジー・ビオラは株が大きく育つので株間は広めにあけたほうが良いです。
花壇でしたら15㎝~20㎝、鉢植えなら10㎝~15㎝くらいあけましょう。植え付けの後は水をたっぷりと与えます。

 

 

切り戻し

間延びした茎を全体の3分の1ほどに切り戻します。花芽を残してその上を切ります。

 

 

花がら摘み

花を途切れさせないためには枯れた花はこまめに摘み取りましょう。花柄は、茎の付け根から指で摘み取ります。

 

 

 

パンジー・ビオラの花言葉

パンジーの花言葉は「「もの思い」「私を思って」です。

ビオラの花言葉は「「誠実」「信頼」「忠実」「少女の恋」です。

 

e4229351e8b1decec20cd9bc83f30874_s

 

 

パンジー・ビオラは、冬の花の少ない時期に咲いてくれるなんて嬉しいですよね♪
寒さに強く丈夫なのでガーデニング初心者の方でも育てやすいのでお勧めです。

スポンサーリンク



コメントを残す