ハイビスカスの育て方・種まきや挿し木の方法

ハイビスカスは手入れも簡単ですし丈夫なのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪
鮮やかな色で大きな花を咲かせてくれますが、咲いた花は1日でしぼんでしまいます。

スポンサーリンク



ハイビスカスの育て方

ハイビスカスは日光を好みますので日の当たる場所に置きます。真夏の暑い時期は半日陰にします。

水やりは乾いたらたっぷりとあげます。開花中に水を切らすと蕾が落ちてしまいます。冬は控えめで乾燥気味にします。

肥料は開花する時期は10日に1回液体肥料を与えます。冬は肥料を与えません。

花がしぼんだらすぐに摘み取ってあげた方が良いです。花が枯れて落ちてもガクが残るので手で摘み取ります。そのままにしておくと、種ができるので栄養がいってしまうので次の花の咲きが悪くなってしまします。

越冬は、ハイビスカスは寒さに弱いので10度以上ある部屋で日当たりのいいところで管理します。

 

 

9767b02643a98a8635a736bdfec03cff_s

 

 

 

用土

ハイビスカスは水はけのよい土を好みます。市販の花と野菜用の土でも大丈夫です。
作る場合は、赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト2を混ぜ合わせます。

 

 

剪定

ハイビスカスの剪定は、花が咲き終わった10月~11月頃に行います。
全体を3の1程度に切り詰ます。

 

 

 

増やし方・種まき

種まきで増やす適した時期は4月~5月頃です。種をまいたら土を乾燥させない様に気をつけます。1週間~10日ほどで発芽します。
本葉が3~4枚になったら鉢に植え替えてあげます。

 

 

 

増やし方・挿し木

挿し木の適した時期は6月~7月頃です。枝を5~10センチ程度の長さにカットして葉を2~3枚残し用土に植えます。水やりをして日陰で管理します。
ハイビスカスの挿し木は意外と簡単です。私も何度も挿し木をしていますがちゃんと育っていますよ。

 

img_3203

 

 

ハイビスカスの花言葉

ハイビスカスの花言葉は色によっても花言葉があるんですね。

赤色「勇敢」、ピンク色「華やか」、白色「艶美」です。

 

 

ハイビスカスは、日当たりの良い場所で肥料をちゃんと与えれば花を咲かせ続けてくれますよ。手入れも簡単ですからおススメです。

 

46ed5fc2db1d50a5f215c618a9425934_s

スポンサーリンク



コメントを残す