セントポーリアの育て方と手入れの仕方

セントポーリアの花はスミレの花に似ていて可愛らしい花を咲かせます。
花が咲くと2週間くらい咲き続けてくれるので長く花が楽しめます。

スポンサーリンク



セントポーリアの育て方

セントポーリアは直射日光に当てると葉が焼けてしまい黄色くなって枯れてしまうので、レースのカーテン越しで日光に当てます。
水やりは葉に水がかからない様に注意してあげます。水をあげすぎると根腐れをしてしまうので土の表面が乾いたらたっぷりとあげます。

セントポーリアは寒さが苦手なので冬は最低温度10℃以上が必要です。
肥料は春の4月~6月頃と秋の9月~10月頃の間に2週間に1回ぐらい液体肥料を与えます。

咲き終わった花や傷んだ葉は、こまめに取ってあげないと他も傷んでしまいます。

 

 

e83bf9d771c49d97f439c21a680b7621_s

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。セントポーリア専用培養土がおすすめです。
自分で作る場合は、バーミキュライト5、パーライト5の割合で混ぜ合わせます。

 

 

 

植え替え

セントポーリアは根が張りやすいので一年に1回は植え替えをしてあげます。
適した時期は6月頃です。

 

 

 

セントポーリアの増やし方・葉ざし

適した時期は3月~5月、8月~10月です。
元気な葉を3cmほど切り取りバーミキュライトに少し傾けて挿します。

 

 

 

水栽培で増やす

冬に増やす場合は水栽培で増やします。グラス等に水を入れてセントポーリアの葉が水に浸からないようにグラスにアルミホイルをして穴を開けて葉を水にさします。
葉の切り口が水にギリギリにつく様にします。幼葉が4枚くらいになったら培養土に植え替えます。

 

 

img_3206

 

 

 

セントポーリアの花言葉

セントポーリアの花言葉は『小さな愛』『細やかな愛』です。
良い花言葉ですね。

 

bfbb91fdfab6ce5d6332a5e69c21d5fc_s

 

 

 

セントポーリアの種類はたくさんあります。ミニもありますよ。
我が家にはミニタイプのセントポリアーもあります。葉も花も小さくてすごく可愛いですよ。

 

img_3131

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す