セダムの育て方と増やし方の方法

ぷっくりした葉が可愛らしいセダムは、世界に500種以上もあるといわれている多肉植物です。

スポンサーリンク



セダムの育て方

直射日光を避けた日当たりの良い場所がよいです。水やりは、春と秋の生育期は土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。
夏と冬は休眠状態なので水やりは控えめにして月1~2回ほど霧吹きで葉水を与える程度で良いです。
肥料はあまり必要ありません。植え替え時に緩効性肥料を与える程度で良いです。

 

6349d132ea566a86840284e50e46ffab_s

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の多肉専用土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土5、腐葉土3、パーライト2の割合で混ぜ合わせます。

 

 

 

植え替え

適した時期は3月~5月頃です。1~2年に1回を目安に植え替えてあげましょう。

 

 

剪定

適した時期は3月頃と9月頃です。伸びすぎた枝を切り戻します。

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は9月~10月頃です。茎の先端から5㎝~10㎝ほどの長さで切り取り下の葉を落として切り口を1週間ほど日陰で乾かしてから用土に挿します。水は1週間後くらいから与えます。
※種類によって増やし方は異なります。

 

 

葉挿し

適した時期は9月~10月頃です。葉っぱを取り用土の上に置いておくと根が出ます。半日陰で管理します。根が出るまで水は与えません。

 

 

株分け

適した時期は3月~5月頃です。鉢から株を取り出し株を手で割いて分け切り口を半日ほど乾かして植え付けます。

 

 

害虫

アブラムシ、カイガラムシが発生することがあります。
アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。カイガラムシが発生したらカイガラムシは成虫には薬剤が効かないので歯ブラシなどで駆除します。

 

 

セダムの花言葉

セダムの花言葉は「静寂」です。

 

 

 

 

セダムは高温多湿が苦手なので置き場所に気おつけてあげれば育てやす植物なのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す