シバザクラ(芝桜)の育て方・剪定と増やし方の方法

シバザクラは毎年4月から5月頃に桜に似た可愛らしい花を咲かせます。

スポンサーリンク



シバザクラ(芝桜)の育て方

日当たりが良く風通しの良い場所が良いです。
水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。
肥料は植え付け時に緩効性化成肥料を与え後は2月~3月に液体肥料を2週間に1回ほど与えます。

 

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。

市販の花と野菜の培養土に川砂を2割混ぜ合わせます。
自分で作る場合は赤玉土6、腐葉土2、川砂2を混ぜ合わせます。

 

 

 

植え付け

適した時期は3月~5月頃か9月~10月頃です。
植え付け時に緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせて根をよくほぐして植えつけます。
株間は15~20㎝ほど空けます。

 

 

植え替え

1~2年に1回を目安に一回り大きな鉢に植え替えてあげます。

 

 

地植えの場合

日当たりが良く風通しの良い場所を選びます。
植え付けの1週間くらい前に土を起こし腐葉土、堆肥を混ぜ合わせておくと良いです。

 
株間は20~30㎝ほど開けて植え付け時に緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせて根をよくほぐして植えつけます。

 
植え付け後にたっぷりと水を与えその後は必要ありません。

 

 

剪定

 

花が終わって梅雨時に入る前に茎の長さを3~5㎝に刈り込み風通しを良くします。

 

 

目土(めつち)

根が浮き上がってくるので1年に1回春先頃に目土をしてあげます。

 
上から土をかけて茎の半分が土に埋まる程度に土を入れます。

 

 

増やし方・挿し芽

適した時期は6月頃か9月~10月頃です。

 
茎を5㎝ほどの長さで切り取り下の葉を落として用土に挿します。

 

 

株分け

適した時期は6月頃か9月~10月頃です。

 
株を切り分けて植え付けます。

 

 

病気や害虫

ハダニが発生することがあります。

ハダニが発生したら殺虫剤を散布して駆除します。

 

 

シバザクラ(芝桜)の花言葉

シバザクラの花言葉は「合意」「一致」「臆病な心」「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」です。

 

 

 

 

 

シバザクラは多湿が苦手なので乾燥気味に育てるとよいです。

 
3~4年経つと株が老化して茎が固くなってしまい花付きも悪くなってくるので挿し芽や株分けなどで増やして新たに植えてあげると良いです。

 

シバザクラは手も掛からず育て方も簡単なのでガーデニング初心者の方にもお勧めですよ♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す