カランコエの育て方・切り戻しや挿し木の方法

カランコエは鮮やかな色の小さな花が集まって咲く人気の多肉植物です。花を咲かせると長く花が楽しめます。

スポンサーリンク



カランコエの育て方

日光を好みます。直射日光に当てると葉が焼けてしまうので直射日光を避けた明るい日陰に置きます。
水やりは、土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。カランコエは乾燥には強いので乾燥気味にします。
冬場は土の表面が乾いてから2~3日後に水を与えます。水を与える時は葉っぱに水が掛からないように注意します。水が掛かると葉っぱが腐ってしまいます。
肥料は、5月~9月頃まで液体肥料を2週間に1回ほど与えます。冬場は10℃以上の温度が必要です。

 

bd86c2452a02f23027bf0d506d41a0ec_s

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。 市販の多肉植物用培養土がお勧めです。
自分で作る場合は、赤玉土5、ピートモス2、川砂3を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

植え替え

植え替えに適した時期は5月~6月頃か9月頃です。2年に1回くらいが目安です。
根株を3分1くらい崩して1回り大きな鉢に植え替えます。

 

 

花がら摘み

花が終わったら早めに摘み取ってあげます。花茎がどんどん伸びてくるのしぼんできた花は花茎部分から摘み取ります。

 

 

切り戻し

適した時期は3月~4月か9月頃の花が終わったときです。2分の1~3分に1ほどに切り戻します。

 

203022

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は5月~6月頃です。茎を5cmくらいに切り葉っぱを2枚程残して用土に挿します。1ヶ月ほどで根がでます。

 

 

短日処理の方法

カランコエは短日植物なので短日処理をしないと花芽がつきません。夜間照明が当たらないようにダンボール箱などをかぶせて夕方5時から翌朝の8時頃まで光が当たらない様にします。
箱をはずしたら日当たりの良い場所に置いてあげます。それを1ヶ月ほど続けると花芽をつけはじめます。

 

 

カランコエの花言葉

カランコエの花言葉は「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」です。

 

203412

 

カランコエは、丈夫で育てやすい多肉植物ですのでガーデニング初心者の方にもおすすめですよ。♪

スポンサーリンク



コメントを残す