オリーブの育て方・植え替えや挿し木の方法

オリーブはシンボルツリーとしても人気で庭やレストランなどでも良く見かけますね。白い花を咲かせた後に実が付き緑、赤、紫、黒と色を変えます。

スポンサーリンク



オリーブの育て方

日当たりの良い場所がよいです。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。
耐寒温度は-2℃~3℃までは大丈夫と言われていますが、霜や凍結には非常に弱いです。
肥料は植え付けの時に固形油かすを入れておきます。追肥は3月頃と6月頃と10月頃に与えます。

 

02c654f2a2db84de4a7a497cdc009bee_s

 

 

 

オリーブの花を咲かせるには?

オリーブは自家受粉をしないので、違う品種の木を2本以上植える必要があります。オリーブの花を咲かせるには0℃以下の場所に10日ほど置き寒さにさらさないと花が咲きません。
1本でもオリーブの実がなる品種もあります。

 

 

 

用土

オリーブ専用土がお勧めです。自分で作る場合は赤玉土6、腐葉土3、パーライト1を混ぜ合わせます。

 

 

 

オリーブを地植えで育てる

オリーブは-3℃くらいまでは耐えられる耐寒性がありますが、寒冷地では地植えは難しいと思います。
地植えの場合の適した時期は3月~4月頃か9月~10月頃です。
直径と深さを50㎝ほどの穴を掘り3分の2ほど用土を入れ苗の根を少し崩して苗を置いて用土を入れ植え付け水をたっぷりと与えます。根が張るまで倒れないように支柱を立てます。
地植えの場合は水やりは必要ありませんが夏場は暑い時間帯を避けて朝か夕方に水を与えます。

 

 

 

植え替え

地植えは植え替えの必要がありません。適した時期は4月~5月か9月~10月頃です。1年~2年を目安に植え替えてあげましょう。
株を取り出してまわりの土を半分ほど落として一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

剪定

適した時期は2月頃です。伸びすぎた枝や細くて元気のない枝や傷んだ枝を根元から切り落とします。

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は6月~7月頃です。10㎝~15㎝ほどの枝を切り取ります。1時間をほど水につけておいてから用土に挿します。
土を乾かさないように気おつけて日陰で管理します。

 

 

病気・害虫

炭そ病は、湿度が高くなると起こるカビの一種です。実に茶色い斑点ができます。すぐに取り除いて水はけをよくします。

オリーブアナアキゾウムシは、幹の内部を食い荒らす害虫です。根元におがくず状の木くずがあったらオリーブアナアキゾウムシが発生しています。穴の中に薬剤を散布します。

 

 

オリーブの花言葉

オリーブの花言葉は「平和」「知恵」です。

 

 

オリーブは鑑賞用としても人気のある観葉植物です。水やりと置き場所などを気を付けて上手に育てれば収穫も楽しめますよ♪

 

スポンサーリンク



コメントを残す