エキナセアの育て方と増やし方の方法

エキナセアは、多年草で毎年花を咲かせます。

開花時期も長いので長い期間花を楽しめます。

免疫力を高めるハーブとしても人気です♪

スポンサーリンク



エキナセアの育て方

日当たりの良い場所がよいです。

水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

 

肥料は植え付け時に緩効性化成肥料を与え追肥はあまり必要ありません。

肥料が多いと株が弱ってしまいます。

 

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。

市販の草花用培養土がお勧めです。

 

自分で作る場合は赤玉土小粒4、鹿沼土3、腐葉土3を混ぜ合わせます。

 

 

 

植え付け

適した時期は4月~5月頃か10月頃です。

植え付け時に緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせます。

 

プランターの場合65㎝で3株くらいが目安です。

 

 

地植えの場合

地植えの場合は腐葉土と石灰を混ぜ合わせて植え付けます。

株間は30~40㎝ほど空けます。

 

 

植え替え

適した時期は3月~4月頃です。

根詰まりを起こしやすいので1年に1回植え替えてあげましょう。

 

鉢から株を取り出して土を落とし新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

花がら摘み

 

花が枯れてきたらこまめに摘み取りましょう。

 

 

剪定

 

花が終わったら花茎を切り落とします。

 

 

増やし方・株分け

適した時期は3月~4月頃です。

3年ほど経つと株が大きくなり株分けができます。

 

株を取り出し2~3株に切り分けて植え付けます。

 

 

種まき

適した時期は3月~4月頃、9月~10月頃です。

 

種を種まき用土にまき土は薄く被せます。
土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

 

病気や害虫

ウドンコ粉病が発生することがあります。

 

ウドンコ病は高温多湿時期に発生しやすくなります。

葉が粉をまぶしたように白くなります。
ウドンコ病に感染したら白くなった葉を切り落とし殺菌剤を散布します。

 

 

エキナセアの花言葉

エキナセアの花言葉は「あなたの痛みを癒します」「深い愛」です。

 

 

 

 

エキナセアは多湿を嫌うの乾燥気味に育てると良いです。

切り花にしても花持ちが良いですしドライフラワーにして楽しむのもよいですね♪
とても丈夫な花なので手も掛からないのでガーデニング初心者の方にもお勧めです。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す