イベリスの育て方と増やし方

イベリスは、春から初夏にかけて花を咲かせ一年草と宿根草があります。

 

小さい可愛らしい花をたくさん咲かせます。

スポンサーリンク



イベリスの育て方

日当たりの良い場所がよいです。

 

水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

肥料はあまり必要ありません。

 

植え付け時に緩効性化成肥料を与え追肥は必要ありません。

 
肥料を与えすぎると草丈が伸び花が咲かなくなります。

 

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。

市販の草花用培養土がお勧めです。

 

自分で作る場合は赤玉土小粒6、腐葉土4を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

植え付け

適した時期は3月~4月頃10月~11月頃です。

 

植え付け時に緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせます。

 

 

地植えの場合は

地植えの場合は酸性の土壌を嫌うので植え付けの2週間ほど前に用土に苦土石灰をまぜておきます。

 

地植えの場合は宿根草でも植え替えの必要はありません。

 

 

植え替え

一年草を植え替えの必要はありません。

 

宿根草の植え替え時期は10月~11月頃です。

窮屈になってきたら植え替えてあげます。

 

移植を嫌うので鉢から株を取り出して土を崩さないように気をつけて一回り大きな鉢に植え替えます。

 

 

花柄摘み

 

花が終わったらこまめに摘み取ります。

 

長く花を楽しめます。

 

 

切り戻し

花が終わったら刈り込み整えます。

 

 

増やし方・挿し木

宿根草は挿し木で増やせます。

適した時期は5月頃か10月頃です。

 

茎を5㎝ほどの長さで切り取り下の葉を落として用土に挿します。

 

 

種まき

適した時期は、一年草は9月~10月頃宿根草は3月~4月頃です。

 

移植を嫌うのでポットに種をまきます。

土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

 

病気や害虫

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。

 

 

イベリスの花言葉

イベリスの花言葉は「心をひきつける」「初恋の思い出」「甘い誘惑」です。

 

 

 

 

イベリスは過湿に弱いので乾燥気味に育てるとよいです。

 

宿根イベリスは夏場は風通しの良い涼しい場所に置いてあげると良いです。

 
イベリスは丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す