金のなる木の育て方・植え替えや増やし方の方法

金のなる木はとても丈夫で育てやすい植物です。お金や繁栄を招く縁起の良い観葉植物と言われています。

スポンサーリンク



金のなる木の育て方

日光を好みます。日当たりが良く風通しの良い場所に置きます。
水やりは、土の表面が乾いてから4日~5日後に与えます。冬場は控えめで月に1~2回くらいにします。肥料は4月~7月に2ヶ月に1回固形肥料を与えます。
冬場は3℃以上の温度が必要です。

 

484482

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の多肉植物の培養土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土4、川砂4、腐葉土2の割合で混ぜ合わせます。

 

 

植え替え

植え替えに適した時期は4月~6月頃か9月~10月頃です。金のなる木は根詰まりしやすいので2~3年に1回を目安に植え替えをしてあげます。
鉢から取り出したら土を落として一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

剪定

適した時期は4月~10月頃です。間延びした枝を切り戻します。切り戻した枝を挿し木や葉挿しに使えます。

 

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は5月~9月頃です。枝を先端から10㎝ほどの長さに切り下の方の葉は落とします。切り口を日陰で2~3日乾かしてから用土に挿します。水はすぐには与えません。

 

 

 

増やし方・葉挿し

葉の切り口を乾燥させてから浅めに用土に挿しておきます。1ヶ月ほどで発根します。水は4~5日後に霧吹きで与えます。

 

 

金のなる木の花を咲かせやすくするためには?

夏場の暑い時期に1ヶ月ほど全く水を与えません。そして一年を通して水やりを控えめにして日光にたくさん当ててあげます。
※花が咲きやすい品種と咲きにくい品種があるみたいです。

 

 

金のなる木花言葉・風水

金のなる木の花言葉は「一攫千金」「幸運を招く」「富」「不老長寿」です。

風水的にも金運上昇の高い植物だそうです。『南東』に置くとさらに金運がアップするにたいですよ!

 

348180

 

 

金のなる木は病気や害虫などの心配がありませんし丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者の方にもおすすめですよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す