ブルーベリーの育て方・剪定や挿し木の方法

ブルーベーリーは育てやすいですしガーデニング初心者の方にもお勧めです。
春には可愛らしい白い花が咲き夏には収穫できて秋には紅葉を楽しめます♪

スポンサーリンク



ブルーベーリーの育て方

ブルーベリーは自家受粉しにくいので他の品種のブルーベリーも植えないと実がつきません。
置き場所は日当たりのよい場所が良いです。
水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりとあげます。ブルーベーリーは、乾燥を嫌うので水切れにならないように管理しましょう。
肥料は、春の3月頃と収穫が終わった秋の9月頃です。ブルーベリー専用の肥料がお勧めです。

 

 

56f977a00ba6df05e0802356cf6f1078_s

 

 

用土

ブルーベリーは、酸性の土でないと枯れてしまうので普通の土ではダメです。
フルーベリー専用の用土を使用する事をおすすめします。
自分で作る場合は、ピートモス4、鹿沼土3、腐葉土3を混ぜ合わせます。

 

 

植え替え

ブルーベリーの植え替えの適した時期は10月~11月頃です。

一回り大きい鉢に植え替えてあげます。

 

剪定

植え付け後4年くらいから始めます。

適した時期は12月~1月です。
枯れた枝や細い枝、弱った枝、内側に向かって伸びている枝を切ります。

 

挿し木

「休眠枝挿し」と「緑枝挿し」があります。休眠枝挿しの方が初めて挿し木をする方にはおススメです。

「休眠枝挿し」は、剪定の時の枝をポリ袋などに入れて冷蔵庫に保管してしておいて春に挿し木をします。枝の長さは10センチくらいです。枝の先端を斜めに切り、切り口を尖らせた方が良いです。

「緑枝挿し」は、6月頃に、新しい枝を10センチくらいの長さに切って葉を2枚程残して用土に挿します。

 

 

160a72040518f1d07d0e878121921626_s
我が家のブルーベリーは、地植えと鉢植えで育てています。どちらも毎年たくさん収穫できています。
春に花、夏に収穫、秋に紅葉とブルーベリーは長く楽しめますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す