ガジュマル育て方・植え替えの方法

観葉植物の中でも人気のガジュマル!丈夫で枯れにくい植物です。
多幸の木とか精霊が宿る木など縁起がよいと言われています。

スポンサーリンク



ガジュマルの育て方

ガジュマルは日光を好むので日当たりの良い場所に置きます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりとあげます。
ガジュマルは湿度を好みますので葉水が必要です。霧吹きで葉にも水をかけてあげましょう。
冬の水やりは控えめにします。冬越しには5℃以上の気温が必要です。
肥料はあまり与えません。春から夏の生育期に2ヶ月に1回緩効性肥料を与えます。あまり与えると枝が伸びすぎてしまいます。

 

 

img_3214

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の観葉植物の土がおすすめです。
自分で作る場合は、赤玉土7、腐葉土3、ピートモス1を混ぜ合わせます。

 

 

 

植え替え

2年~3年に1回は植え替えをしましょう。植え替えの適した時期は5月~7月頃です。
株の周りの土を3分の1ぐらい落として一回り大きな鉢に植え替えてあげます。

 

 

 

剪定

剪定に適した時期は4~7月頃です。
枯れている枝や伸びすぎている枝を切ります。

 

 

 

増やし方・挿し木

挿し木に適した時期は5~7月頃です。枝を5cm~10cmくらいの長さに切ります。下の葉を落として上の方に2枚~3枚残し用土に挿します。
挿し木で増やしたガジュマルは、幹に膨らみがでません。

 

 

 

増やし方・種から育てるには

種まきに適した時期は5~7月頃です。ガジュマルの種についている果実には発芽抑制物質が含まれいるのでそれを水で洗ってから種をまきます。
種をまいたら土はかぶせません。土が乾かないように管理します。2週間ほどで発芽します。

 

 

 

ガジュマルの花言葉

ガジュマルの花言葉は「健康」です。
ガジュマルは「幸せを運ぶ木」と言われ「金運アップ」などのご利益もあるそうで風水的のも縁起の良い植物を言われているそうです。

 

5d881dbb251165f79c7a3438ea8f673c_s

 
ガジュマルは生命力が強いのでハイドロカルチャーでの栽培もおススメですよ。
幹の形がとても魅力的ですよね!育て方も丈夫で簡単なので初心者の方にもお勧めの観葉植物です♪

スポンサーリンク



コメントを残す