アロエの育て方・株分けや挿し木の方法

健康や美容にも良いアロエは人気の多肉植物です♪アロエは、アラビア語の苦い「alloeh」に由来しているそうです。
家でもアロエを育てていますが、火傷をしたときに良く使っています。

スポンサーリンク



アロエの育て方

日当たりが良く風通しの良い場所がよいです。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。冬場はほとんど水を与えなくてもよいです。
肥料は生育期の4月~10月に液体肥料を10日に1回与えます。冬場は3℃くらいまでは大丈夫です。

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の多肉植物用の培養土がお勧めです。自分で作る場合は赤玉土7、腐葉土2、川砂1の割合で混ぜ合わせます。

 

 

 

 

植え替え

適した時期は5月~9月頃です。2~3年に1回を目安に植え替えてあげます。
鉢から株を取り出して土を落とし傷んだ根を切り落として一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

剪定

長く伸びすぎてバランスが悪くなったら伸びすぎてしまっている茎の上部を切り落とします。

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は5月~9月頃です。元気な茎を切り取り2~3日ほど日陰で切り口を乾かしてから用土に挿します。

 

 

株分け

適した時期は5月~9月頃です。親株に子株ができたら子株をナイフで切り離して2~3日ほど日陰で切り口を乾かしてから鉢に植え付けます。

 

 

収穫

アロエの収穫は1年中いつ収穫しても大丈夫です。
アロエの葉の根元から切り取ります。

 

 

アロエの花をさかせるには

小さな株では咲かせることはできません。50㎝以上の大きさの株になると咲かせる事が出来ます。
花を咲かせるために7月頃~8月頃の1ヶ月の間水を一切与えません。そうすると冬頃に花が咲くことがあります。

 

 

病気や害虫

カイガラムシやアブラムシが発生することがあります。カイガラムシが発生したらカイガラムシは成虫には薬剤が効かないので歯ブラシなどで駆除します。アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。

 

 

アロエの花言葉

アロエの花言葉は「苦痛」「悲嘆」です。

 

 

 

 

アロエは乾燥には強いのですが多湿に弱いので水を与えすぎると根腐れを起こしてしまうので気をつけてください。
寒さと水やりに気をつければ育てやすくて丈夫な植物なのでガーデニング初心者の方にもお勧めですよ♪

 

スポンサーリンク



コメントを残す