アジュガの育て方や増やし方

アジュガは、多年草で3月から6月にかけて開花します。

とても育てやすくて丈夫な花です。

スポンサーリンク



アジュガの育て方

半日陰の場所で風通しのよい場所良いです。直射日光には弱いです。

水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

乾燥に弱いので夏場は気をつけてください。

肥料は植え付け時に緩効性化成肥料を与え後は肥料は必要ありません。

 

 

 

用土

みずはけがよく、みずもちのよい土が良いです。
市販の草花用培養土がお勧めです。

自分で作る場合は赤玉土7、腐葉土3を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

植え付け

適した時期は3月~5月か9月~11月上旬頃です。
植え付け時に緩効性化成肥料を混ぜ合わせます。

地植えの場合は腐葉土やピートモスを多めに入れると良いです。

 

 

植え替え

適し時期は3月~5月か9月~11月頃です。

鉢植えの場合は根が詰まってきたら一回り大きな鉢に植え替えてあげてください。

 

地植えの場合は4~5年ほど育てていると生育が悪くなってきますので、新しい場所に植え替えてあげるか、新しい入れて用土を交換してあげてください。

 

 

剪定

 

花が終わったら花茎を根元から摘み取りましょう。

新しいランナーが伸びてきます。

 

 

株分け

適した時期は10月~11月頃です。

ランナーを先端から10㎝ほどの長さで切り離して植え付けます。

 

 

病気や害虫

ハダニやアブラムシが発生することがあります。

ハダニが発生したら殺虫剤を散布して駆除します。

アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。

 

 

アジュガの花言葉

アジュガの花言葉は「心休まる家庭」「強い結びつき」「 日陰の愛」です。

 

 

 

 

 

アジュガは暑さや寒さには強いですが霜にあたると葉が枯れてしまうので気をつけてください。

アジュガは、グランドカバーとしても人気ですし寄せ植えのカラーリーフにも良く使われます。

丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す