すずらん(スズラン)の育て方と増やし方

すずらんは宿根草で毎年4月~5月に花を咲かせます。

白い鈴のような可愛らしい花を咲かせ花の後に赤い実がなります。

スポンサーリンク



すずらんの育て方

風通しのよい半日陰の場所が良いです。

暑さに弱いので夏場は涼しい場所が良いです。

 

水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

 

肥料は植え付け時に緩効性化成肥料を与え花が終わったら薄めの液体肥料を1ヶ月の間、1週間に1回ほど与えます。

 

 

 

 

用土

水はけがよく有機質が多い用土が良いです。

市販の草花用培養土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土小粒5、腐葉土3、鹿沼土2を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

植え付け

適した時期は10月~11月頃か4月~5月上旬頃です。
植え付け時に緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせます。

 

 

植え替え

適した時期は10月~12月上旬頃か4月~5月上旬頃です。

 

1~2年に1回の目安で植え替えてあげます。

 

鉢から株を取り出して土を落とし新しい用土で一回り大きな鉢に植え替えます。

 

 

地植えの場合は

植え付け前に土を起こし腐葉土と堆肥を混ぜておきます。

 

植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を混ぜて植え付け株間は15㎝ほど空けます。
植え替えは3~5年に1回を目安に植え替えてあげます。

 

 

花柄摘み

 

花が終わったら花茎をつけ根から切り落とします。

 

 

増やし方・株分け

適した時期は10月~11月頃です。

3年に1回ほどの目安で株分けをします。

 

1株に芽が4~5個くらいになるように切り分けて植え付けます。

 

 

種まき

適した時期は4月~5月頃か10月~12月頃です。

 

種を種まき用土にまき土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

病気や害虫

特にありません。

 

 

すずらんの花言葉

すずらんの花言葉は「幸福が帰る」「幸福の再来」「癒し」「意識しない美しさ」「純粋」です。

 

 

 

 

 

すずらんは、全草に強い毒性を持っているので気をつけてください。

家の庭のすずらんは、ほとんど手を掛けていませんが毎年綺麗に咲いてくれます。
午前中は日が当たり午後からは日陰になるので場所も良いのかもしれませんね。

 

すずらんは、手も掛からず育てやすいのでガーデニング初心者の方にもお勧めですよ♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す