リーガースベゴニア(エラチオールベゴニア)の育て方・植え替えや剪定の方法

リーガースベゴニアは、次々とたくさんの花を咲かせてくれるので長い間花を楽しめます。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

リーガースベゴニアの育て方

直射日光に当たると葉が焼けてしまうのでレースのカーテン越しの日光に当ててあげます。
水やりは底面給水鉢植えの場合は常に受け皿に水が溜まっているようにします。
普通の鉢の場合は土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。水を与える時に葉っぱに水が掛かると枯れてしまいます。
肥料は、たくさんの花を咲かせるので開花時期は10日に1回ほど液体肥料を与えます。冬場は10℃以上の気温が必要です。

 

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の草花用培養土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土5、腐葉土4、パーライト1の割合で混ぜ合わせます。

 

 

 

 

植え替え

適した時期は5月~6月頃です。2~3年に1回を目安に植え替えてあげましょう。
鉢から株を取り出して土を半分ほど落として一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

剪定

花が終わる5月頃に株元から3~4節ほど残してわき芽がある節の上で切り戻します。

 

 

増やし方・挿し木

適した時期は5月~6月頃です。茎を10~15㎝ほどで切り取り下の葉を落として30分ほど水につけておいてから用土に挿します。
土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

 

病気や害虫

灰色カビ病うどんこ病が発生した場合は殺菌剤を散布します。アブラムシが発生した場合は殺虫剤を散布します。

 

 

リーガースベゴニアの花言葉

「片思い」「愛の告白」「親切」「丁寧」です。

 

 

 

リーガースベゴニアは、葉っぱに水が掛かると枯れてしまうので底面給水タイプの鉢がお勧めです。
暑さにも寒さにも弱いのでそれさえ気おつけてあげれば長い期間綺麗な花を咲かせてくれますよ♪

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す