ブラキカムの育て方・切り戻しと増やし方の方法

ブラキカムは、一年草と多年草があり一年草は4月から6月頃まで花を咲かせ夏頃には枯れてしまします。

 

多年草の方は4月から11月頃までの長い期間花を咲かせます。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

ブラキカムの育て方

日当たりの良い場所がよいです。

暑さに弱いので夏場は風通しの良い半日陰がよいです。
水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

 

肥料は植え付け時に緩効性の化成肥料を与え後は開花時に2週間に1回ほど薄めの液体肥料を与えます。
真夏は肥料は与えません。

 

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。

市販の花と野菜用培養土がお勧めです。

 

自分で作る場合は赤玉土小粒6、腐葉土3、パーライト1を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

植え付け

適した時期は3月頃です。

緩効性の化成肥料を用土に混ぜ合わせ植え付けます。

 

 

植え替え

一年草は植え替えの必要はありません。

多年草の植え替えに適した時期は3月~4月頃です。

1年に1回を目安に植え替えてあげましょう。

 

鉢から株を取り出して土を落とし一回り大きな鉢に植え替えます。

 

 

地植えの場合

地植えの場合は半日陰の場所が良いです。

植え付け前に腐葉土を混ぜ込んでおき植え付け時に緩効性の化成肥料を混ぜ合わせ植え付け春と秋にも緩効性の化成肥料を与えます。
株間は20~30㎝ほど空けます。

 

 

花柄摘み

 

花が枯れたらこまめに摘み取りましょう。

 

切り戻し

 

適した時期は6月~7月頃です。

 

梅雨時期頃に株元から2分の1から3分の1くらいで刈り込み風通しを良くしてあげます。

 

 

増やし方・挿し芽

適した時期は5月~6月頃です。

 

茎を5~8㎝ほどの長さで切り取り下の葉を落として15分ほど水につけてから用土に挿します。

 

株分け

適した時期は3月頃です。

 

株を掘り上げ植え替えも兼ねて株を切り分けて植え付けます。

 

 

種まき

適した時期は9月~10月頃です。

 

種を種まき用土にまき薄く土を被せて土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

 

病気や害虫

灰色カビ病が発生することがあります。

灰色カビ病は梅雨時期の湿度が高い時期に発生します。

葉、茎、花にシミのような斑点が発生します。
病気にかかったら早目に取り除き風通しを良くしましょう。

 

 

ブラキカムの花言葉

ブラキカムの花言葉は「優美」「いじらしい」「可憐な仕草」「野生美」です。

 

 

 

 

ブラキカムは暑さや過湿に弱いので梅雨時期に刈り込みをしてあげましょう。

 

水をやりすぎると根腐れを起こすので乾燥気味に育てると良いです。

 

ブラキカムは育て方も簡単で手が掛からないのでガーデニング初心者の方にもお勧めです♪

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す