ネメシアの育て方・切り戻しと挿し木の方法

ネメシアは一年草と宿根草があり一年草の方花が終わったら夏前に枯れてしまいますが、宿根草の方は長い期間花を楽しめます。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

ネメシアの育て方

日当たりが良く風通しの良い場所がよいです。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。花に水がかからないようにあげましょう。
肥料は植え付け時に緩効性化成肥料を与え後は生育期の春と秋3~6月、9~10月に薄めの液体肥料を月に2回ほど与えます。

 

 

 

用土

水はけのよい土が良いです。市販の草花用培養土がお勧めです。
自分で作る場合は赤玉土小粒5、腐葉土3、川砂2を混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

植え付け

適した時期は4月~5月頃です。植え付け時に緩効性化成肥料を混ぜ合わせます。

 

 

植え替え

一年草は花が終わったら枯れてしまうので植え替えの必要はありません。
宿根草の植え替えの適した時期は3月~4月頃です。毎年植え替えてあげましょう。鉢から株を取り出して土を落とし新しい用土で植え替えてあげます。

 

 

花がら摘み

花が咲き終わったらこまめに摘み取りましょう。

 

 

切り戻し

花が咲き終わったら草丈を半分ほどの高さで切り戻します。秋にもう一度花を咲かせてくれます。

 

 

増やし方・挿し木

宿根草は挿し木で増やします。適した時期は5月~6月か9月~10月頃です。
茎を10㎝ほどの長さで切り取り下の葉を落として用土に挿します。

 

 

種まき

一年草は種まきで増やします。適した時期は9月~10月頃です。
種まき用土に種をまきます。ネメシアの種は好光性なので薄く土を被せます。土が乾かないように明るい日陰で管理します。

 

 

病気や害虫

アブラムシ、ハダニが発生することがあります。。
アブラムシが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。ハダニが発生したら殺虫剤を散布して駆除します。

 

 

ネメシアの花言葉

ネメシアの花言葉は「正直」「包容力」「偽りのない心」「過去の思い出」です。

 

 

 

 

 

ネメシアは宿根草でも3年ほどで枯れてしまうので挿し木で増やしておくと良いです。一年草は暑さに弱く夏前には枯れてしまいますが宿根ネメシアは涼しい場所で管理すれば夏越しができ
翌年にはまた長い期間花を楽しめます丈夫で育てやすいので宿根ネメシアの方がお勧めです♪

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す