ガーデニングの基本・肥料の種類と与え方

ガーデニングを始めるには良い苗を選ぶことも大事です。
良い苗の選び方や肥料の種類と与え方などをご紹介します♪

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

良い苗の選び方

●株元がグラつかずしっかりしたもの。
●徒長していない草丈が低く茎が太いもの。
●葉が青々していて下の葉も黄色く変色していないもの。
●葉裏にアブラムシやハダニがついていないもの。
●葉に斑点があると病気の可能性があるので斑点がないものを選びましょう。

●底から茶色の根が出ている苗は根づまりしているので選ばないようにしましょう。

 

 

 

肥料の種類

 

肥料は「有機肥料」と「無機肥料」があります。

 

有機肥料

油粕、骨粉、家畜のフン等を発酵させたもので臭いがあり虫が発生することもある。
有機肥料はゆっくりと効果でる緩効性肥料です。

 

無機肥料

科学的に作られたものです。
臭いがなく虫がつきにくい。

 

 

肥料の与え方

 

元肥(もとごえ)

植え付け時や植え替えの時に与える肥料です。
ゆっくりと効果のでる緩効性肥料を混ぜ込んで与えます。

 
置き肥(おきひ)

用土の上に与える固形肥料です。雨と水やりでゆっくりと溶けて長期間の効果があります。

 

 

追肥(ついひ)

植物の生育に合わせて与える肥料です。即効性の液体肥料を定期的に与えるか
ゆっくりと効果がでる緩効性肥料を定期的に与えます。

 

 

お礼肥(おれいごえ)

花が終わった後や果実を収穫した後に弱った植物を回復させるために与える肥料です。
開花や収穫のお礼を込めて与える肥料です。即効性の液体肥料を与えます。

 
寒肥(かんごえ)

冬の寒い時期12月から2月頃の休眠期間中の庭木のどに与える肥料です。
油粕などの有機肥料を与えます。

 

 

 

 

良い花を咲かせるには肥料は必要ですが与えすぎては枯れさせてしまう事もあります。

目的に応じて必要な量を適切な時期に与えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す